理事長ブログ「忘己利他」67

ビジネスコミュニケーション「仕事がはかどる話し方のコツ」
 ◆よりよく生きるためのツール ~ 究極のコミュニケーション能力を磨く ~

第67回 できる人のことばづかい

話力総合研究所 理事長

話力総合研究所
理事長
話力講師向け指導講座

~ その4 お(ご)を適切に使いこなせ! ~

 迷うことばづかいのひとつに「お」や「ご」の使い方があります。つけるべきか?つけなくてもいいのか?「お」をつけるのか「ご」をつけるのか? この間、テレビショッピングの音声が耳に入ってきました。「この商品を格安でお提供します」 「お提供します」は聴いていて違和感がありますね。

 「お」や「ご」は過不足なくつけることが原則です。つけすぎると「きざ」な感じを与えます。つけないとぶっきらぼうな表現になりかねません。「これからおピアノのお教室でお稽古なんですよ。」どうですか?少々違和感ありますね。「腹減った。飯食おう!」よほど親しい中なら良いかもしれませんが、乱暴ですね。「過不足なく」に基準はありません。相手や状況に応じて適切に対応することが求められます。「過不足なく」を心がけてください。

 ところで、「お」をつけるのか、「ご」をつけるのか、迷うことありませんか? 一般に、訓読みのことば、和語には「お」をつけます。お水、お花、おさかなと言いますね。ただ、例外もあります。「ゆっくり」「もっとも」は和語ですが、「ごゆっくり」「ごもっとも」のように「ご」をつけます。また、音読みのことば、古来中国から入ってきたことばである漢語には「ご」をつけます。ご旅行、ご感想、ご住所、ご訪問ですね。こちらは例外がたくさんあります。お電話、お帽子、お洋服、お醤油、お正月、お料理、お雑煮、お稽古 等々。音読みのことばですが、「ご」をつけずに「お」をつけます。では、「返事」はどうですか?「お返事」ですか、「ご返事」ですか? これは、どちらも許容されているのです。困りますね。迷ったらどうすればいいのでしょうか?少々乱暴ですが、このように考えたらいかがでしょうか? まずは、頭の中で表現してみる。「お住所」「ご住所」どちらが心地よく聞こえるかです。違和感なく聞こえるのはどちらか判断します。それでも迷ったら、原則にのっとって、訓読みの和語には「お」、音読みの漢語には「ご」をつければよいですね。

 最後に、「お」や「ご」をつけるか、つけないかです。必ずつける場合、つけない場合、どちらでもよい場合があることを意識してください。まずはつける場合です。主として次の場合は「お」や「ご」をつけます。

・相手の所有物にはつける

 お荷物、お電話、お帽子、お洋服、お体、おみ足、おみ帯 など

 相手の足に「お」をつける場合、「おあし」では滑稽ですから、「おみ」をつけて「おみあし」とします。和服の帯も同様です。

・慣習としてつける

 「お」や「ご」をつけないと意味が解らなくなったり、変わってしまう場合です。

 おはよう、お年玉、おかず、ごはん、おひや、おむすび、おにぎり、おてもと などです。

・敬意を表す場合につける

 ご意見、ご訪問、ご感想、お気持ち、お考え、お心遣い など

・形容詞に「お」をつけて敬意を表す

 お美しい、おはずかしい、おきれい、おきらい など

 

 一方、次のような場合は「お」や「ご」をつけません。

・外国語にはつけない

 ピアノ、バイオリン、オルガン、ジュース、ビール、ケーキなどに「お」はつけません。つけると「きざ」な感じがしますね。

・慣習としてつけない

 ならづけ、いわし、だいこん、にんじん、税金、電車、会社、時計、手帳、かさ など

 つけると滑稽な感じがしますね。

・公共の建物、施設にはつけない

 郵便局、病院、学校、図書館、都庁、県庁 など

・「お」で始まることばには原則つけない

 大広間、応接間、置時計、おおぜい、大家さん、奥さん、幼馴染 など

・敬語、敬称にはつけない

 新郎、新婦、令息、令夫人、令嬢、各位、芳名 など

 よく「御芳名」「各位様」など見かけますが、本来は「芳名」「各位」が敬称ですから、このままでよいのです。

・卑俗なことばにはつけない

 若造、じじい、まぬけ、やばい、あほ など

 

 いかがですか。ついうっかり使ってしまうこともあるかもしれません。人間関係、信頼関係ができていれば、相手も好意的に受け止めてくれるでしょうから、大きな問題にならないでしょう。しかし、あらたまった場では注意すること。そして、日頃から問題意識を持って取り組んでください。

 

関連記事

  1. 理事長ブログ「忘己利他」61
  2. 話力講座担当講師からのビデオメッセージ
  3. 理事長ブログ「忘己利他」65
  4. 理事長ブログ「忘己利他」25
  5. 理事長ブログ「忘己利他」6
  6. 理事長ブログ「忘己利他」22
  7. 理事長ブログ「忘己利他」58
  8. 理事長ブログ「忘己利他」19

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP