理事長ブログ「忘己利他」8

ビジネスコミュニケーション「仕事がはかどる話し方のコツ」
 ◆よりよく生きるためのツール ~ 究極のコミュニケーション能力を磨く ~

第8回 効果的に話す、聴くための「話し方、聴き方」対応力

話力総合研究所 理事長  雑誌社インタビュー

 

 どんなに人柄が良くても、どんなに良い内容を持っていても、相手に伝わらなくては話になりません。この場合、どれだけ相手に応じて話せるかが鍵です。相手が子供なら子供にわかるように。相手が専門家でなければ、できるだけ専門用語を使わずに平易なことばで。親しい仲なら親しげに。初対面なら言葉づかいに気をつけて話しますね。

 相手の知識や興味、理解力、意見や立場に応じて話すことが大切です。また、自分の立場や役割も忘れてはなりません。話の目的や話をする相手、話す場などを考えて、それに対応する能力が対応力です。それぞれの場面で、より効果的な話し方を選択し、実践できる能力が対応力です。

 どんなに興味深い内容を持っていても、自分の思うままに話していては、聴き手にとっては「支離滅裂」に感じるかもしれません。「効果的に話すには、聴き手の心の法則に従って話せ」と言われます。聴き手を意識して、聴き手が聴きやすく、わかりやすいように話を組み立てることが大切です。専門家が難しい話をしても一般の人には理解できないかもしれません。この場合、難しい内容をかみ砕いて話す必要があります。一般の人が理解できるように専門用語などをわかりやすく解説する必要がありますね。相手に応じて話さなければ伝わりません。相手が誰なのかを考え、効果的に話すための作戦を立てて、実践できる能力「対応力」を磨くことが大切です。

 対応力を発揮するのは、話を準備する時だけではありません。話している間も、聴き手の様子を注意深く観察し、聴き手に対応していくことが大切です。聴き手が話に飽きてきたようであれば、それに対応し、聴き手の気分を変える必要があるかもしれません。聴き手が、首をかしげているようなら、何かわからないことがあるのかもしれません。質問したり、補足説明が必要になりますね。

 また、自分が聴く側の立場の時も「聴き方」としての対応力が求められます。効果的に聴くためには、相手が話しやすいように相手に対応して聴きます。態度、表情に気をつけて感じよく。相手のことば、語調、表情、しぐさから真意(本音)を考えながら。あいづちをうつなど、熱心に聴いているというメッセージを相手に伝えながら聴くのです。

 対応力を磨き、より効果的に話し、効果的に聴く話力を高めましょう。

 

関連記事

  1. 会員募集
  2. 話力第一講座in大手町・神田 受講生募集
  3. 講座スライド
  4. 研究所のFacebook
  5. 理事長ブログ「忘己利他」2
  6. 産能マネジメントセミナーに当法人理事長が登壇
  7. メルマガ
  8. 当法人理事 宮地一女のインタビュー動画

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP