理事 林野浩芳の「話力に生かそう 風姿花伝」11

第 11 回 『秘すれば花』

 世阿弥が残した言葉の中で良く知られているものの一つです。

「秘する花を知ること。秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」

 秘めておくからこそ花なのであり、秘めずに見せてしまっては花ではない。あらゆる事、もろもろの専門・技芸において、その家ごとに秘事と称するものがあるのは、秘密にしておくことによって、絶大な効用が生ずるからである。

 これは世阿弥にとっては「戦術」「戦略」だったのだと思います。毎回毎回観客に見せてしまっては飽きられてしまいます。新しく、珍しいからこそ「花」であり、観客を魅了することになります。

 世阿弥は「花とは要するに目新しさだ」と言っています。「観客は意外に興趣のある上手だ」とばかり感じて、「これが花なのだ」ということさえも気がつかないのが、演者の花であるわけだ。といったわけで、観客の心に、思いがけない感銘を与えるような手段が、花なのです。

 「風姿花伝」には花、が何度も取り上げられます。私にはこの「秘すれば花」は「珍しさが花」と一体ではないか、と思えて来ています。

 ちなみに「風姿花伝」の解説本で、中には「秘すれば花」をともかく隠せば良い、ように解釈しているものもあります。ここは正しく理解をしておきたいところです。

 

 「話力に生かそう風姿花伝」は次回で完結することにします。最終回は「風姿花伝」で最も有名な言葉を取り上げます。

 

 

関連記事

  1. 「湘南江の島 海の女王&海の王子」のマナー研修を毎年担当していま…
  2. 理事長ブログ「忘己利他」N23
  3. 理事 林野浩芳の「話力に生かそう 風姿花伝」9
  4. 理事長ブログ「忘己利他」N22
  5. 理事 林野浩芳の「話力に生かそう 風姿花伝」3
  6. 理事長ブログ「忘己利他」N8
  7. 理事 林野浩芳の「話力に生かそう 風姿花伝」8
  8. 特別寄稿

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP