理事長ブログ「忘己利他」2

ビジネスコミュニケーション「仕事がはかどる話し方のコツ」
 ◆よりよく生きるためのツール ~ 究極のコミュニケーション能力を磨く ~

話力総合研究所 理事長

 第2回 日常や職場の問題! 原因は「コミュニケーションエラー!!」

 皆さんは日頃、あるいは職場で、不快に思うこと、不満に思うこと。ありませんか? 時には、些細なことから人間関係がぎくしゃくすることも。トラブルに遭遇することだってありますね。

 後になって、「なぜ、あんなことになったのだろう?」と冷静に振り返ってみます。多くの場合、日常や職場の些細な問題は、「コミュニケーションの問題」です。思ったことが十分に言えない。正確に伝えられない。相手の本音(真意)を正しく受け止められないことに起因しています。思ったことが十分に、正確に伝えられず、誤解させてしまった。相手の言い分を正しく受け止められず、誤解してしまった。ということがそもそもの原因です。また、余計なことをひとこと言ってしまい、相手を不快にさせてしまった。また、話す時の態度が悪くて、相手に聴く気をなくさせてしまった。あるいは、聴く時の態度が悪く、相手に話す意欲をなくさせていませんか?

 ある会社の営業担当Aさんと打ち合わせをした時のことです。この担当者40代でしょうか。男性です。打合せの最中、約5秒に一回「うん」「うん」「うんうん」とあいづちがはいります。ずいぶんがまんしましたが、どんどん、むかむかしてきます。しまいに耐えられなくなりました。相手に伝えました。「私はご存知のようにコミュニケーションに関する指導をしています。Aさんは私の話を聴く時に、「うん」「うん」と言ってくる。私にとっては不快です。あいづちは必要ですが、私は子供ではないですから、相手に応じたあいづちをなさってください。」

 本人は良いと思っている。あるいは気づいていないのでしょう。Aさんは「はっ」とした表情でした。少々間を置いた後、「ありがとうございます。気づきませんでした。気をつけます。」

こうした、いわゆる「コミュニケーションエラー」が多くの些細な問題の根底にあるのです。ひとつひとつは取るに足らないことかもしれません。しかし、日常や職場でこうしたことが日々繰り返されれば、いつか大きな問題につながりかねないのです。

 思ったことが十分に言え、正確に伝えられ、相手の本音(真意)を正しく受け止めて聴くことができれば、どんなに良いか考えてみてください。毎日快く過ごすことができますね。職場が生き生きしてきますよ。仕事もはかどりますね。

 日常や職場の問題の根底には、「コミュニケーションの問題」があるのです。皆にコミュニケーションを常に、継続的に磨くことの大切さに気づいてほしいのです。今気づいた「あなた」、まずはあなたから実践なさってください。そして周囲を巻き込んでいきましょう。自身の、それから職場のコミュニケーションの問題を解決するために。私たちとともに学んでいきましょう。

関連記事

  1. 話力第五講座(技能編) in 大手町、神田
  2. 話力第一講座(基本編) in 大手町・神田
  3. ホームページをリニューアルしました!
  4. 話力講座担当講師からのビデオメッセージ
  5. 「会話力を磨く実践セミナー」
  6. 過去の研修・講演レジメ
  7. 話力第六講座(科学編) in 大手町、神田
  8. 講座スライド

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP